しゃっくりが3日続くと死ぬ?‼

[caption id="attachment_2755" align="alignnone" width="300"]逆流性食道炎 逆流性食道炎[/caption]

「しゃっくりが3日続くと死ぬ!」

一度は聞いたことがあるかもしれません。

わたしも、まさか?でも、もしかしたらホントかも!

しゃっくりが、なかなか止まらないときは不安になりますよね。

 

しゃっくりは、
肺の下にある呼吸筋の横隔膜が
けいれんを起こしている状態です

横隔膜が、食道や胃などの

まわりの器官の刺激を受けるとしゃっくりが出るのです。

 

本当に3日続くと死んでしまうのでしょうか?

それはナイナイ!

アメリカ、アイオワ州のチャールズ・オズボーンさんが

1922年から68年間しゃっくりをして、ギネスに認定されています。

その間結婚して子供まで生まれているんです。

 

また、イギリス人の男性が2年以上しゃっくりが止まらず

テレビの取材を受け。それがきっかけで脳腫瘍が見つかり

一命をとりとめました。

 

人生どんなことでどんなになるかわからないですね!

 

しゃっくりも続くと疲労します。

脳の疾患でしゃっくりが起きる場合もあるので

長く続くようなら病院へ。

 

結論 全く心配いらないわけではないが3日続いても死ぬわけではない!

 

肩こりについて詳しくはこちら

肩こり

この記事に関する関連記事

秩父さくまうたたね治療院

〒368-0072埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4180-7