自律神経の乱れやすい梅雨時期はこうすごせ。

main-img-%28sp%2933

梅雨と自律神経

梅雨時期は体調を崩しやすい時期です

わたしは、毎年梅雨はいつごろだっけと思いますが!

6月21日の夏至の前後が梅雨時期です。

梅雨時期は湿気が多く

東洋医学でも湿邪といい体調を崩すとされています。

 

少し動くとじっとりと汗ばんだり。

動かないでじっとしていると冷えたり。

体温調節している自律神経もフル稼働

 

この時期の症状は

頭や体が重い、すっきりしない。

血流や水分代謝が悪くなるのでむくみやすくなったり

皮膚の状態も不安定になります。

また、胃腸にも作用して食欲がなくなったり、

消化吸収が落ちて下痢をしたりします。

 

 

こんな時期大切なのはあせ対策。シャワーやお風呂につかり気分を変えましょう。

日照量も低下するので体内時計が乱れます。朝起きるのが辛くなるので

晴れ間には外の緑を見てリフレッシュ。

 

私はゴアテックスの雨具を着て雨の中ハイキングに行きます。

山の緑が雨でみずみずしく、雨ならではの自然を楽しめます。

はじめから濡れるのがわかっていれば、あめも大して苦ではありません。

山から下りて明るいうちに雨を見ながら一杯やるのもいい気分!

※ただ足元は滑りやすいので注意

※雨具は透湿素材が快適です。

 

自律神経は気分に左右されるので、なるべく気分のいい状態を保ち、

規則正しい生活を送るのがベストです。

そして暑い夏に備えましょう。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事

秩父さくまうたたね治療院

〒368-0072埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4180-7