子供のころの思い

うたたね治療院、代表佐久間淳です。

治療家になるのを意識したのは小学生の時。

バク転に失敗して首から落ちました。痛みと首の違和感で、病院、接骨、ハリ、整体どこへ行っても治らなかった。そればかりか治療してくれた先生は、治せないのを棚に上げ、私のせいに。医師、治療師、不信になりました。

身体も心もつらかった。

一番つらいのは、「ずっとこのまま治らないんじゃないか?」(小学生なのに!)

人間は、自分で体験したことしか共感できないと言います。
私は小学生の自分のように、治らないことで傷ついている人に、
本物の整体を提供したい。

こんな思いで日々治療にあたっています。

子供のころの私のような、
不安で治ることをあきらめかけている
人のために。