アツシ紹介文

生まれも育ちもフクスマ(訛ってます)のわたし。
妻の故郷、秩父に暮らして17年。
10年前秩父市内にさくま接骨院開業。
H25年横瀬に整体院「うたたね治療院」をはじめました。

すべての始まりはバク転でした・・・

小学生の時バク転に失敗して首から落ちムチ打ちに。首の痛みと強烈な違和感で、起きている間中ぐるぐるボキボキしていました。

レントゲンを撮ってお医者さんは、「骨は大丈夫!悪くない!」
「えっ!こんなに悪いのに?」と思いました。
接骨、マッサージ、ハリ、整体他。いろいろいったけど何も変わらない。小学生なのに一生このまま?すごく不安でした。そのあと奇跡的に出会った達人おばあさんのおかげで普通の生活に戻れました。

友人のブレンバスターが私の人生を変えました。

高校生の時、山岳部の傍らプロレス同好会をつくり活動(プロレスごっこ)していました。畳敷きの格技場で友達にブレンバスターを食らい腰を強打( ゚Д゚) ひどい痛みのため腰が伸びなくなりました。 この時達人整体師との出会いはなく、慢性の腰痛に移行していき、小学生の自分を思い出し治療家を志します。

慢性痛やシビレにはまるでお手上げでした。
治せなかったギックリ腰。

国家資格を取るため鍼灸マッサージの学校へ。
午前は勉強。午後からは鍼灸接骨院で働きました。丁稚奉公の小僧なので、雑用でも何でもやりました。いくらか上達して自信もついてきましたが、重い症状の患者さんにはまるでお手上げでした。

初心を忘れぬるま湯につかっていたころ。仲の良いおばあちゃんが(患者さん)孫の結婚式前に、ギックリ腰でうごけなくなってしまいました。お孫さんたちは結婚に至るまで苦労していたので絶対出たい!お孫さんも何とかおばあちゃんに出てほしい!詳しく話を聞いていた私も何とかしたい!

しかし、あの時は私の力不足で出席させてあげられなかった。
自分にはこの仕事合わないんじゃないかって、吐きたいくらい悩みました。

この体験から、治せない治療家なんてくそだ!
子供の時に志した治療家になりたい。
今までのぬるま湯生活から切り替わり、
スゴイ先生、本当に変化を出せる治療法の話を聞くと、頼み込んで学んできました。

それからは、何も変わらない状態で終わっていた施術が、少しでも楽な状態にできるようになりましたし、

その日のうちに戻っていた効果も、「あれからずいぶん良いよ!」とか「1週間凝らなかった。」「持ちがいい」と言われるようになり
長持ち率5倍(当社比)になりました。

人生を変える治療家との出会い!

師と仰ぐ千葉県柏のH先生の治療院を見学に行ったとき、
受験生の中3の女の子がお母さんに連れられて治療に来ました
無理に連れられてきたのでしょう。女の子は返事もしません。

私は「お母さんに無理に連れてこられたんだな~先生もやりにくいだろうな。」と思いました。

H先生は、「〇〇ちゃん、素直に返事するのと、しないのと、どっちが力でるか実験してみよう!」と、簡単な筋力テストをはじめ・・・「ね!素直に返事すると、こんなに力がでるんだよ」と話した瞬間!不機嫌だった彼女の表情がゆるみ、なんとも素敵な笑顔になりました。

大げさかもしれませんが、その瞬間、彼女の人生が
「変わった」のだと感じました!

わたしもこんな治療家になりたい。人生さえも良い方向に変えるような治療家になりたい。

今の私には、尊敬する3人の先生がいます。それぞれタイプは違えど、
人柄も尊敬でき、勉強熱心です。威張ったりせず、そして面白い!
私も師匠を見習い、人間的にも成長していきたいです。
今も学び続ける師匠を見習い、月に数回勉強会に行っているためお金は貯まりません。